会社の沿革

 

1950年12月 東芝家電販売業務の開始(昭和25年)
1964年2月 株式会社ミツワ電気商会として法人化(昭和39年)
1970年12月 電球製造事業開始、西条市(旧周桑郡)丹原町願連寺に工場開設
1972年11月 電球事業拡大の為、西条市(旧周桑郡)丹原町徳能に工場を移設
1974年11月 自動車用電球テール球製造開始
1983年3月 家庭用小型電球ナツメ球製造開始
1984年3月 家庭用小型電球ナツメ球製造ライン2号機を導入
1988年9月 1985年よりナツメ球製造ライン3,4,5号機と逐次増設
1992年4月 工場増築、ナツメ球旧製造ラインの更新と合理化の為自動製造ライン1号機を導入
1994年4月 ナツメ球生産数通算1億個達成
1995年7月 自動車用電球(S25BA15Sタイプ)自動製造ライン導入
1995年11月 自動車用電球(T20ウェッジベースタイプ)自動製造ライン導入
1996年3月 トヨタ自動車の工場監査が実施され、ランプ納入工場として認定される
1996年5月 ナツメ球旧製造ラインの更新と合理化を推進する為自動製造ライン2号機導入
1996年7月 自動車用電球(S25BAY15Dタイプ)自動製造ライン導入
1997年4月 JET(財)電気安全環境研究所工場認証取得
2000年6月 冷陰極放電灯HML・C(液晶用バックライト)加工業務開始
2003年8月 新工場竣工(事務所・検査棟)
2004年6月 冷陰極放電灯 HMU(液晶TV用バックライト)加工業務開始
2004年8月 冷陰極放電灯 EEFL(液晶TV用バックライト)加工業務開始
2005年8月 冷陰極放電灯 EEFL 生産ライン増設
2005年8月 第2新工場竣工(EEFL製造棟)
2005年9月 冷陰極放電灯 EEFL 生産ライン増設
2005年12月 ナツメ球生産中止
2007年10月 冷陰極放電灯 EEFL 生産ライン増設
2008年5月 属性型JPドメイン(ccTLD)取得 www.mitsuwa-ele.co.jp
2009年10月 OA情報機器事業部発足
2013年6月 冷陰極放電灯(液晶用バックライト)生産中止
2013年7月 ISO/TS 16949:2009 認証取得

 
社屋